2017年9月22日 (金)

花は好きだけれど、別になくてもー

「花は好きだけれど、別になくてもー」というあなた。相されたと思って一週間だけ部屋に置いてみてください。必ず花のやさしさが伝わります。あなたの朝起きがけの表情が変わるはずです騒されたと思って一週間!

11

きっと花のない生活が考えられなくなりますよ。あなたは今、自分のセックスをどう考えていますか?幸せなものと考えている人。これが番最高です。当然好きな人とのひとときを楽しんでいるはずですし、セックス後のあなたの肌は輝きを持っているはずです。

2017年8月22日 (火)

日焼けした浅黒い肌の人には汚なく映ってしまう色もあります

色白の人に映える赤を浅黒い人が着ると、同じ赤でもダークな赤に映ります。「"肌の白い"は七難隠す」と言われるくらい、色白の人は色を選びやすいのですが、日焼けした浅黒い肌の人には汚なく映ってしまう色もあります。


でも、逆に小麦色の肌に見合った色を着たときには、色白の人よりも三倍も四倍にもその七ンスは光りますこのときに注意したいのは、無駄な色を取り人れすぎないことです。すでに小麦色の肌が一つの配色なのてす。

11

 

2017年7月22日 (土)

スロットマシンで44億円を当てた女性、「機械の故障」と言われカジノ会社を訴える

里親のもとで育ち、4人の子のシングルマザーとして暮らしてきた女性が、カジノのスロットマシンで44億円の大当たりの表示を目にした時は「これで人生を変えられる」と体が震えたという。ところがカジノ側はこの大当たりを「機械の故障」と主張し、女性に2.25ドル(約249円)とステーキの食事をオファーした。それを拒否した女性は現在、カジノ会社を訴えている。英『Metro』や米『CNNMoney』など複数メディアが伝えた。
昨年8月、米ニューヨークのクイーンズ郡にあるカジノ「Resorts World Casino」でカトリーナ・ブックマンさんがスフィンクス・スロットマシンをしていた時、42,949,672.76ドル(昨年のレートで約44億円)というメガヒットの数字がマシン画面上に表示された。
思いがけない大金を当てたと大興奮したカトリーナさんだったが、その喜びはすぐに消え去った。カトリーナさんはスロットマシンのスクリーンにディスプレイされた数字と共に自撮りし、マシンからプリントアウトされたチケットをカジノスタッフに見せたところ「機械の故障で大金は当たっていない」と告げられた。さらに翌日、カジノ会社から連絡があり「故障していた機械のお詫びとして2.25ドルとともに、ステーキの食事を提供します」と言われたそうだ。カジノ会社によると、実際にチケットに印字されていたのは2.25ドルだったという。
44億円以上というアメリカ史上最大のスロットマシン当選額をゲットする代わりに2.25ドルとステーキディナーをオファーされたカトリーナさんは不公平だと怒り、カジノ側の提案を拒否。カジノ会社に対して法的措置を取る決心をした。
しかしカジノ側は、スロットマシンには「機械が故障の場合は全てのプレー及び支払いは無効」と記されていることを主張し、ニューヨーク州賭博委員会(The New York State Gaming Commission)も「機械は故障していた。カトリーナさんの一件の後、すぐに修理に出された」と述べている。
カジノ側によると、スフィンクス・スロットマシンでの最高当選金額は6,500ドル(約72万円)だそうだ。カトリーナさんの弁護士アラン・リプカ氏は、昨年から何か月もカジノ側に「少なくともその金額(6,500ドル)の賠償金をカトリーナさんに支払うべき」と要求してきた。しかし納得のいく回答は得られていなかった。

2017年6月22日 (木)

自分を見つけるための旅の途中だと思います

 彼女は素晴らしい素地をすべて備えていました。だからこそ、友人も彼女をモデルに推薦したのですその内面が外見を変えることによって引き出された、と言っていいでしょう。あなたも今、自分を見つけるための旅の途中だと思います。


 一見、その旅は月的地が決まっているように見えてもまだまだ模索の旅。周囲では結婚して落ちついていく友人もいるかもしれません。そんなとき、自分に恋人がいなかったり、また別れたばかりだとすれば、そこに大きな不安も生まれるでしょう。

1

2017年5月22日 (月)

こまごまと具体的な話をする

  過去と現在の自分に満足しているので、進歩は望めない状態である。相手が親友のときは、その点を気づかせなくてはならない。昔は栄躍栄華の中で生活していた人。礼儀正しく、いろいろと気配りもできる人であるが、いつも人から疎まれている。


  非常に悪い癖がひとつあるからだ。新しいグループの人たちに紹介されたとき、まず、昔の話をしはじめるのである。庭がいくつもある大きな屋敷に住んで、何ひとつ不自由のない生活をしていたことについて、こまごまと具体的な話をする。

1cc

2017年4月21日 (金)

“王族の手作りハンバーガー”お値段は…?

中東の偉い人といえば、飛行機を降りる時にエスカレーター式のタラップをわざわざ持ち込んだりするなど、とにかく規格外。そんな人たちが自ら料理をしたら、そのお値段はいったいいくらになるのか……ひとつの答えが先日明らかになった。
ドバイで行われた乳がんのためのチャリティーに、ドバイの高級デパートのシェフと、カタール王室のシャイフ・モハメド・ビン・アブドゥッラー・アール=サーニー氏が出席。ハンバーガーを調理してオークションにかけることになったという。
アラブの7つの首長国を表現したという7層にもなる肉のパテに、熟成チェダーチーズや仔牛のベーコンがさらに味へ深みを出し、パンの部分はサフランの入ったブリオッシュといった豪華ハンバーガー。オークションにかけられたところ、ライフスタイル雑誌社の創設者が1万ドル(約112万円)で落札した。
この結果を受けて、シャイフ・アール=サーニー氏は「2年前に7000ドルで世界最高額で売ったから、今回はそれより高値にしたかったのです」と記録を更新したことに満足。収益は全て乳がん予防の啓発と早期発見のために使用されると伝えている。
ネットでは「売った人よりも買った人のほうがすごい」「やっぱりベーコンは豚ではないんだね」「たぶん自分の一生分のハンバーガー代より高い」「同じ中東でここまで差があるとは……」「誰かが救われることになるならいい話だと思う」といったコメントが寄せられている。

2017年3月22日 (水)

満足そうな顔をして出てくるからである

打ち出しになって帰るときは、さらに大きなショツピングバッグいっばいのみやげをもらう。その中には、相撲に関係のあるデザインを配した陶器や、せんべいやまんじゅうなどの日本的な菓子が幾種類も詰めてある。

1aa

両手に大きな紙袋を提げて、一杯機嫌で家路につくのは、身も心も満たされた感じである。国技館から人が出てくるのを見ていた子供が、母親に、「国技館ではバーゲンセールをしているのか」と聞いたという。おおぜいの人が、両手に同じようなショッピングバッグを持って、満足そうな顔をして出てくるからである。

«自分で修理したりつくったりする人を見かける