« 暖かさの点でも見逃せない優秀アイテム | トップページ | 会議や打ち合わせでも華やかさを演出してくれそう »

2016年9月12日 (月)

歌手プリンスさん宅の薬、「ラベル誤記載」

今年4月に米ミネソタ州の自宅で死亡しているのが発見された歌手プリンスさん(当時57)の自宅から押収された薬品の中には、麻酔・鎮痛などに使われる強力な合成オピオイドのフェンタニルが含まれていたが、ラベルの記載に誤りがあったという。地元紙ミネアポリス・スター・トリビュートが21日、伝えた。
同紙が捜査筋の話として伝えたところによると、フェンタニルのラベルにはより弱い種類のオピオイド「ハイドロコドン」と書かれていた。
今年6月に公表されたプリンスさんの検死報告は、誤ってフェンタニルを過剰摂取したことが死因だとしていた。
ミネアポリス・スター・トリビュートによると死亡時のプリンスさんの体重は50キロで、体内からは致死量をはるかに超えたフェンタニルが発見されたという。
米国では、フェンタニルを含む偽の薬が原因の過剰摂取が多発しているという指摘がある。
AP通信によると、プリンスさん宅「ペイズリー・パーク」で発見された偽造薬には、フェンタニルのほか、リドカインやU-4770(モルヒネより8倍の薬効がある合成薬)など様々な薬品が含まれていたという。

« 暖かさの点でも見逃せない優秀アイテム | トップページ | 会議や打ち合わせでも華やかさを演出してくれそう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1503075/67131098

この記事へのトラックバック一覧です: 歌手プリンスさん宅の薬、「ラベル誤記載」:

« 暖かさの点でも見逃せない優秀アイテム | トップページ | 会議や打ち合わせでも華やかさを演出してくれそう »